株式会社インプル

先進技術へのこだわり。
いま圧倒的成長をとげる札幌発ITベンチャー

COMPANY

株式会社インプル

「Revolutionize With New Technology」を理念に掲げ、先進技術で社会に革命を起こす札幌のシステム開発会社。スマホアプリ・ウェブ・クラウドの各分野においてトレンドの技術を使いこなし、特にスマホアプリ開発の分野では「React NativeのNo.1カンパニー」としての地位を確立している。古い技術は使わないという徹底したポジショニングで、札幌から全国へ、先進技術を使った幅広い課題解決の提案を行っている。

PROFILE

人物紹介/代表取締役 西嶋 裕二

立命館大学理工学部中退、株式会社ソフトフロントホールディングス、株式会社コネクトテクノロジーズ(現:株式会社ジー・スリーホールディングス)などを経て金融機関向けモバイルアプリ開発事業に携わる。2011年株式会社インプルを設立し、代表取締役CEOに就任。

最初は「仕方なく」起業?

よろしくお願いします!まずは、西嶋さんご自身についてお伺いしたいです。これまでの経歴を教えてください!

札幌出身で、高校は市内の藻岩高校に進学しました。ちょうど、大泉洋と同期。クラスは全然違っていたので直接話したことはないのですが、同い年で、同じ時期に通っていました。

え〜!そうなんですね!笑

僕、元々はずっと医者になりたかったんです。高校を卒業してから2回浪人して、それでも受験に失敗してしまい、滑り止めで受けた道外の大学に進学しました。なんとなくで決めてしまったからか、通い出しても全然面白くない。授業にもほぼほぼ行っておらず、サークルの活動に夢中でしたね。えっと、ワンゲルってわかります?

山に登ったりする......。

そうですそうです。自分の荷物を全部背負って1週間山を縦走、みたいなハードなアウトドアにのめり込んでいました。学校にも行ってないから、もちろん単位もとれない。親に学費を払ってもらっているのに、この状況は良くないと思い中退して、札幌に帰ってきました。

コンピューターが少し得意な方だったので、札幌の有名なITベンチャーで、アルバイトスタッフとして働き始めました。そのまま社員になって、プログラマーとして札幌市内のソフトウェア企業をいくつか渡り歩いてから、最後に働いていたのが東京のIT企業の札幌支店。ただ、当時はリーマンショックの煽りを受けて業界全体が不景気で、簡単な話リストラにあってしまったんです。転職活動をしても、良いところがあまりなくて。それなら、と食うために仕方なく起業しました。

仕方なく、ですか?(笑)

当時は本当に、「しょうがないなぁ」みたいなモチベーション。会社経営って、楽しいこともあるけど、面倒なことも沢山あるじゃないですか。まさか自分が経営という立場に立って、会社を運営したりする日が来るなんて全く想像できていなかったです。最後に勤めていた会社のお客さんが、独立するなら仕事をあげる、と言ってくださり背中を押してもらいました。

コンピュータが得意だったというお話でしたが、元々テクノロジーやコンピューターに興味があったんですか?

そうですね。父親が機械好きな人で、その影響かもしれません。小学3年生の時、まだファミコンも出ていない時代に、突然父が当時4、50万円するパソコンを買って帰ってきたんです。家に入った瞬間、母親と夫婦喧嘩し出したのを、良く覚えています。「私、良いって言ってないよね?」みたいな(笑)。当時、僕の娯楽はテレビとパソコンだけだったので、雑誌に書いてあるゲームのプログラミングを打ち込んで遊んでいました。

へ〜〜!!

そのバックグラウンドがあって、コンピューターに親しみはありました。医者を目指していたぐらいなので、自分がITを仕事にするとは全く思い描いていなかったのですが、最初に入ったIT会社の影響が大きかったと思います。インターネットのブロードバンドも無い時代にネットの回線を使う電話技術を開発しているベンチャーだったのですが、新しいテクノロジーを武器に世界に挑んでいく仕事がすごく刺激的で、この業界へ進むことを決心するきっかけになりました。

技術によって世の中がより良くなっていく。そういうモノの見方や、歴史的な考えが好きなんです。リーダーシップのある人や、政治家が神妙に現れて世の中を変えていくことがあるけれど、僕は技術にもその力があると思っています。ウォークマンのおかげで自分の好きな場所で好きな音楽を聴けるようになったり、UberEatsやWoltのおかげで、コロナ禍でも自宅でお店のご飯が食べられるようになったり。技術のおかげで僕らのライフスタイルが変わっていくことがありますよね。僕がやりたいのも、そういうこと。「ITの力で世の中にインパクトを与えたい」と言う思いで、経営をしています。

先進技術で革命を

インプルさんがどのような事業をされているのか、教えてください!

うちの会社はニアショアと言って、これから新しいシステムを作ろうとしている東京の会社の依頼を受けて、ソフトウェアを作る仕事をしています。得意分野はフロントエンドと呼ばれるブラウザ上で動くプログラムの開発。去年からは「ノーコード」という自社サービスにも取り組み始めました。プログラミングをしない、コードを書かずにプロダクトを作る技術で、僕らの会社では飲食店向けの会員アプリを簡単に作れるようなサービスの開発をしています。

すごい!おもしろそうです!

春に東京の飲食店にテスト導入してもらうことが決まっていて、その準備に追われているところ。他にも、病院のオンライン予約・リモートでの診察を可能にするサービスを札幌の企業と共同で開発しています。なので、受注してソフトを開発する仕事と、自社で企画して開発する仕事。この2軸で、ビジネスをしています。

ノーコードも医療も世間の注目度が高い分野ですよね。

そうですね。特にノーコードは今のIT業界のトレンド。アプリの開発は数百万円規模の開発費用を要するのが相場ですが、お金をかけず、ネットの接続に料金を払う感覚で、自社ブランドのアプリを持てるようにするサービスの構築に取り組んでいます。大企業のように巨額の予算を組めない中小企業でもソフトウェアやITの力を必要としている頃だと思うんです。

僕らのテーマは、最新の技術で世の中にインパクトを与えること。相手が大企業でも、小規模の事業者さんでも、その信念は変えずにプロダクトをお届けしていきたいと思っています。

アプリの開発のところで言うと、インプルさんの強みでもあるプログラミング言語「React Native」についても伺いたいです!一体どういった技術なのでしょうか。

現在世に出ているスマホアプリのほとんどは、iPhone用かAndoroid用の2種類。みなさんが使っているものも、そのうちのどちらかだと思います。実は、iPhoneとAndoroidでは開発のためのプログラミング言語が違うので、全く同じアプリを作るにもそれぞれ二つ作らなければいけないんです。

Facebook社がオープンソースとして公開しているプログラミング言語「React Native」を使えば、iPhoneとAndoroidの両方で動くアプリを作ることが可能。手間も時間も半分になり、その分費用を抑えることもできます。僕らはその「React Native」の専門会社と認識して頂いていて、その依頼が多いですね。

今業界では「React Native」を使っている会社は増えてきているのでしょうか?画期的な技術ですよね。

ニーズは高まっていますが、できる会社は少ないですね。比較的新しい技術で、10年前には存在しなかった言語。扱えるエンジニアが少ないです。僕も、もともとiPhoneやAndoroidのアプリは作っていたけれど、「React Native」は挫折しました(笑)

大企業では、銀行のシステムで採用されるようなボリュームゾーンのjavaや.NETなどのプログラミング言語を採用して、1000人規模で人材を投入し開発を進めています。逆に、僕らのような数十人規模の会社は、何かに特化した方が戦いやすいんです。

今は「React Native」の専門会社と名乗っているけれど、この先もずっと「React Native」を使った開発にこだわり続けるつもりはありません。「先進技術で世の中に革命を起こす」というテーマのとおり、その時代その時代の新しい技術を柔軟に取り込んで、お客様に価値を届けていきたいと思っています。「React Native」に限らず最新の技術で新しいものを作ることができる、というのが僕らの強みです。

なるほど……。ありがとうございます。今は順調に拡大を進めているフェーズなのでしょうか?

そうですね。次の移転で5回目で。

5回!!(笑)エンジニアを増やし企業拡大する中で、あまり役職をつくらない、というのはインプルさんの大きな特徴だと思います。詳しく伺いたいです!

会社には、私を含め3名の役員がいるのですが、役員とエンジニアを結ぶ中間管理職がいません。プロジェクトごとにチームを組み、リーダーを決めて仕事を進めています。リーダーと言っても役職ではなく役割。外側から組織図を見ると中間管理職のいないオープンフラットな組織形態のように見えるかもしれませんが、小さな部署がいろいろと集まっているようなイメージですね。

報酬はどのように決めているのでしょう?

その人のスキル・経験に応じて決めています。リーダーだから給料が高い、という決まりはなく、優れた技術を持つ人はリーダーより給与が高いケースもあります。マネージメントスキルと、ものづくりのスキルは別物という考えで、本人の希望を聞きながらリーダーを任せたり、プロダクトを作ることに集中してもらったり、働き方は様々です。

いやーー面白いですね。すごく興味深いです。

地元「札幌」への想い

札幌シゴト図鑑では、’’札幌’’という街についてどのように捉えられているのか、毎回お聞きしています。西嶋さんの札幌への想いについて伺いたいです!

札幌出身なので、この土地の良いところも悪いところも知っているつもりです。出張で頻繁に東京に行くことがあるけれど、外から見るとやっぱり地方なんだなぁと感じることがありますね。「札幌と函館の場所も知らない」なんて言う人と出会うこともあります(笑)。

良いところは自然が近いことと、街がコンパクトで便利なこと。食事や買い物が大通・札幌・すすきの辺りにすべてまとまっているので住みやすいですよね。

ビジネスの話をすると、地元ですし、今よりもっとこの土地を元気にしたいという気持ちは、もちろんあります。ただ、札幌はすごく良いところなのに、全国的にみて学力平均は低いし、ビジネスもあまり稼げていない。

IT業界は下請けの多重構造になっている現実もあり、北海道を豊かにするためには、付加価値のあるものを全国規模に売って、札幌の企業の価値を高めていく必要があると思うんです。

だから、まずは自分の会社がめちゃくちゃ稼がないと。東京からガンガンお金を引っ張ってきたり、自分でビジネスをつくりだしたい。それで、ノーコードにもチャレンジしている訳ですし。

福岡のように企業進出の支援・誘致をして、過去にあった札幌バレーの再建を目指すようなイメージで、行政が物件の仲介などをサポートできれば良いですよね。札幌を拠点にする企業が増えると、雇用も生まれ、札幌のGDPも上がっていきます。それぞれの企業が、会社をより良くするために尽力して、そうして結果的に札幌が盛り上がっていければ、という考えです。

ありがとうございます!では最後に、インプルさんの実現したい夢や目標について教えてください!

年商を今の10倍、20億にすることを目指しています。受託と自社事業の割合も半々にしたい。先進技術へのこだわりは変えず、暮らしや生活に影響を与えたり、世の中に革命を起こせるようなサービスの開発を今後も変わらず追い求めていくつもりです!

広報・マーケティング部門の神守さんにもお話を伺いました!

〈社内の雰囲気〉

分け隔てなくて、自由な社風が特徴。私語もOK、休憩も各々のタイミングでとってもらっていて、和気あいあいと仕事をしています。

私は総務として入社したのですが、デザインを学んでいたバックグラウンドを生かして新オフィスのレイアウトを考えたり、会社パンフレットのデザインをさせてもらったり。今では採用やライティングなど業務は多岐にわたり、働くうちにいつのまにか色々なことができるようになっていた、という感覚です。会社が「成長しろ!」と言ってくれているみたいに、どんどん新しいステージに挑戦できる環境だと思います。

〈求める人材像〉

スキルの高さより、社風や目指すところに共感してくれた方に入社していただけたら嬉しいです。自由な社風、先進技術へのこだわり。うちの会社の特徴を理解した上で働きたいと思ってくれる方がいれば嬉しいですね。

〈興味をもっている方へメッセージ〉

先進技術に特化していて、新しい技術があれば会社ぐるみで勉強していこうとする環境です。やりたい経験は一通りできるようになる。成長の後押ししてくれる会社だと思います。可能性を引き出してくれる環境で、色々なことにチャレンジして経験を積んでもらえたら。

ご応募お待ちしています!

Photo by 脇田唯
Writer いけだみほ

RECRUTING

株式会社インプル

募集職種

システムエンジニア 、プログラマー

雇用形態

正社員(試用期間6ヶ月、試用期間中は契約社員。※期間中も条件に変動ありません。)

給与

月給:25万円~56万円※固定残業代(30H)を含む

待遇・福利厚生

・通勤手当:上限額2万円または実費支給
・時間外手当:みなし残業超過分を支給
・リーダー手当:役割に応じて支給
・管理職手当:役職に応じて支給
・健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、健康診断
・昇給年1回
・賞与年1回 (業績による)
・出張手当 (規定による)
・ベネフィット・ワン福利厚生制度
・北海道コンピュータ関連産業健康保険組合加入
・自動販売機、お菓子BOX設置(代金を払って自由にお菓子を食べることができます)
・資格取得費全額負担
・技術書購入全額負担
・私服勤務可
​・副業/Wワーク可※条件あり
・テレワーク制度※条件あり

仕事内容

スマートフォンアプリ開発やウェブシステム開発に関する一連の業務

【具体的には】
 ■新規事業の企画、開発
 ■受託開発のマネジメント
 ■技術の選定
 ■設計/開発/試験
 ■保守/運用
サービスを0から創りたいと考えている方が活躍できるお仕事がまっております!

【開発環境】
 ■開発環境
  - MacbookPro,Windows※案件や好みに応じて好きな環境を選択できます
  - GitLabを用いたpull requestベース
 ■使用技術( ※案件の一例です )
  React / React Native / TypeScript / Redux / Saga / Laravel / Lumen / Spring Boot / VueJS / MySQL / Nginx / AWS/ Kubernetes / Docker
 ■使用ツール(環境)
  VisualStudioCode / Redmine / GitLab / GitLabRunner / Microsoft Azule / AWS / Chatwork / Teams / Slack

勤務地

北海道札幌市中央区南2条西7丁目5番地6 第三サントービル6階
■地下鉄東豊線大通駅より徒歩5分
■地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩5分
(2021年8月に100名規模の広い事務所に移転予定です!)

勤務時間

標準勤務時間 9時00分~18時00分(休憩1時間)
フレックスタイム制度(コアタイム10:00~15:00、フレキシブルタイム8:00~10:00/15:00~19:00)

休日・休暇

・完全週休2日制(土、日)
・祝日
・年末年始休暇
・年次有給休暇
・慶弔休暇
・産前/産後休暇
・生理休暇
・育児休業
・介護休業

応募条件

■当社の理念、ビジョンに共感できる方
■プログラミングスキルをお持ちの方

【歓迎要件】
■少人数のプロジェクト管理経験
■Laravel、Springなどを使ったシステム開発経験
■ReactNativeを使ったクロスプラットフォームアプリ開発経験
■Swift、Kotolinを用いたネイティブアプリ開発
■Lumen、Springなどを使ったWebバックエンド開発経験
■基本設計、詳細設計など工数見積もり経験

求める人物像

■自律性を重んじる社風のため主体的に仕事を作り、取り組んでいける方
■新しい技術に興味を持って取り組める方
■お互いを尊重して、コミュニケーションが取れる方

自分の力を試したい・意欲のあるメンバーと協調しながら仕事をしたい・成長できる環境に身を置きたい・自分の意見をサービスに反映したいなど、意欲的な方にはきっと満足していただける職場・環境がそろっています!

募集期間

通年募集

採用予定人数

30名(既存の開発体制を1年で2倍(30名体制から70名体制)にするために、当社の理念・ビジョンに共感していただける方を積極的に採用しております。)

選考の流れ

1.書類選考
2.一次面接
3.最終面接 ※経験の浅い方はプログラミング試験を行う場合がございます
4.内定